症状について

脂肪肝の実態を知ろう

脂肪肝とは、いわゆるフォアグラ状態になることで、肝臓が過度に摂取した糖分や資質を脂肪酸として溜めこむことで起こる「肝臓の肥満」です。脂肪肝は食生活が不規則であったり、アルコールやカロリーの高い食べ物を摂りすぎることで起こります。今では日本人の四分の一は脂肪肝であると言われていますが、実は中々に恐ろしい状態であることも指摘されてきました。脂肪肝が進行すると、肝硬変や肝臓がんという危険な病気になってしまうのです。また、疲れやすくなったり、頭がうまく働かなくなる、肩がこるといった日常生活に支障が出る症状も出てくるのです。日々を心身ともに健康に過ごす上で、脂肪肝を予防するような食生活を心がけることは大切なことと考えられるでしょう。

サプリで予防することはできるのか

脂肪肝は恐ろしい現代病ともいえるわけですが、それゆえに様々な対策方法が考え出されてきました。その一つに、サプリによって食い止めるというものがあります。これは、サプリによって期待される効果は違いますが、主に肝臓の手助けをすることで肝臓に脂肪を蓄えないようにすることで脂肪肝を防ぐ手立てになっています。具体的には、オルニチンの含まれたサプリによって肝臓のアンモニア解毒を助け、結果として肝臓に蓄えられた脂肪を代謝しやすくすることが挙げれます。また、タウリンの含まれるサプリでは肝細胞の再生を高めたり、胆汁酸の分泌を盛んにすることで脂肪吸収を早めることができ、やはり肝臓の代謝を高めることで脂肪が溜まることを抑えることができるのです。サプリを用いることは、効率よく脂肪肝を予防できる手段と言えるでしょう。