肝脂肪の実態

脂肪肝の概要について

脂肪肝という症状をご存知でしょうか。 これは肝臓にたくさんの中性脂肪が付いている状態で、このまま放っておくと様々な病気の原因になってしまいます。 医学的には肝臓の細胞のうち3割以上が脂肪になっている場合を指していますが、肉食を多く取る現代人は気をつけたい病気です。 主に脂分の多いこってりとした食事をたくさん食べたり、アルコールをたくさん飲むと脂肪肝になる場合が多く、特に中年以降に多く見られる症状です。 進行してしまうと肝炎や肝硬変などの重い病気にもなりますので、食生活などを見直すのが大切です。 脂質の多い食事を避けるようにして、中性脂肪などを減らす効果のあるサプリメントなどを用いるのが良いでしょう。 血液サラサラ効果のあるIEPAやDHAなどは効果的なので、サプリを補助的に活用するのがおすすめです。

肝臓の機能を高めるサプリ

脂肪肝は中性脂肪が肝臓についてしまって、肝臓が本来の働きができない状態にあります。 早めに食生活やアルコールの摂取方法を見直してみて、コレステロールや中性脂肪を減らすのが効果的です。 昔ながらの和食は低カロリーですし、青魚などの良質な油には、中性脂肪などを減少させる効果があります。 食事で補えない効果は、サプリメントを活用するのが良いでしょう。 また、肝臓の働きを高めてくれるタウリンも効果的です。 アルコールの分解を促す働きがあり、肝臓の細胞修復効果を持っています。 しじみに含まれているオルニチンには、肝臓の解毒作用をサポートする働きがありますので、肝臓の働きを高めて脂肪肝を改善する効果を持っています。 このような成分をサプリで補いながら、食生活に気をつけるようにして、運動も取り入れていくのが効果的です。